くまモンナノ発電所を販売を始めました。売り上げの一部を被災地・途上国支援に活用します。詳しくはこちらをご覧ください。

里山エネルギー株式会社は、世界各地で自然と共生する小さなエネルギー開発を手がけながら、カーボンオフセットなどの価値観を普及し、地域でがんばるヒト・モノ・サービスの支援をしています。また、当サイトでは地域で生まれたエネルギー商品などのご紹介・販売もしております。

◎メディア情報

3/22 弊社マダガスカル支援事業について、日刊工業新聞にて紹介されました。

里山エネルギー、マダガスカルで調理用ストーブ事業化へ 廃材利用のエコ燃料型

2/2 くまモン発電所について、環境ビジネスオンラインで取り上げて頂きました。

ポータブル太陽光発電システム「くまモンナノ発電所」販売開始

◎里山エネルギーニュース

2017年

3月

25日

<訪問記>JICA事業でマダガスカルの調査に行ってきました

昨年7月から調査を開始してきましたJICA中小企業海外展開支援事業、「マダガスカル国ハイブリッド型ロケットクッキングストーブとエコ燃料の製造販売事業基礎調査」にて、社員の大和田正勝が現地渡航調査にいってきました。

今回の主の目的は、農業機械化訓練センター(CFAMA)や関係省庁との意見交換、現地で作成したロケットクッキングストーブのデモンストレーションと市場調査です。
日程後半ではサイクロンの襲来もありましたが、概ね天候にも恵まれ、多くの方々と交流でき、全日程12日間、現地9日の調査を無事終了いたしました。

続きを読む 0 コメント

◎マダガスカルでのJICA環境改善事業が始まりました。

<メディア>
2016年7月1日、下野新聞の一面のコラム「雷鳴抄」に、田中正造の活動を踏まえて、上岡代表と里山エネルギーの活動が紹介されました。

 

「正造の精神海外に」

2017年3月22日、日刊工業新聞で紹介されました。
「里山エネルギー、マダガスカルで調理用ストーブ事業化へ 廃材利用のエコ燃料型」

◎商品最新情報

2017年

1月

31日

【リリース】里山エネルギー株式会社がナノ発電所・新シリーズの販売を開始 途上国や被災地を支援する寄付金付き商品 新キャラクターとして“くまモン”を採用

小さな自然エネルギー機器の企画・販売を手がける里山エネルギー株式会社(栃木県佐野市 代表取締役:上岡裕)は、“くまモン”をデザインに採用した充電式バッテリーと40W太陽光発電パネルをセットにしたくまモンナノ発電所の販売を始めます。

 

当法人が企画・販売に関わる「ナノ発電所」は宮城県仙台市の補助制度「みんなで備えるMy発電補助制度」の対象商品に採択され、地球温暖化防止、防災・減災対策、非電化地域での小型電子機器への電源供給など、世界で幅広く活用されています。

 

続きを読む 0 コメント

◎里山ブログピックアップ

2017年

3月

25日

<訪問記>JICA事業でマダガスカルの調査に行ってきました

昨年7月から調査を開始してきましたJICA中小企業海外展開支援事業、「マダガスカル国ハイブリッド型ロケットクッキングストーブとエコ燃料の製造販売事業基礎調査」にて、社員の大和田正勝が現地渡航調査にいってきました。

今回の主の目的は、農業機械化訓練センター(CFAMA)や関係省庁との意見交換、現地で作成したロケットクッキングストーブのデモンストレーションと市場調査です。
日程後半ではサイクロンの襲来もありましたが、概ね天候にも恵まれ、多くの方々と交流でき、全日程12日間、現地9日の調査を無事終了いたしました。

続きを読む 0 コメント

◎里山GOODコラム

2016年

2月

18日

【里山GOODコラム】第一弾!いろんなトコロにカンタン設置~防草発電シート~

今週からさまざまな分野で活躍する再生可能エネルギー技術を紹介する「里山GOODコラム」を定期配信します。

このコラムは事業者の方々自身による記事を紹介していこうというものです。

第一弾は、日本植生株式会社の平田賀彦氏に、自身も携わる「防草発電シート」の魅力について執筆していただきました。

今回を含め、3回にわたってお送りします。

続きを読む 0 コメント

里山エネルギー株式会社

お問い合わせはこちら

0283-23-9758

*なるべくネットでお問い合わせください。お電話でのお問い合わせの場合は、エコロジーオンラインとの共用電話となります。

ナノ発電所の技術的な問い合わせは㈱システムトークス(03-3639-0167)まで