里山エネルギーの取り組みがメディアで紹介されました!


商品最新情報

太陽光+バッテリー+インバーター ナノ発電所減災入門セットの販売を再開

里山エネルギーショップでは、ご家庭の減災を応援するため、太陽光+バッテリー+インバーターをセットにしたナノ発電所減災入門セットの販売を再開しました。

 

これまで販売してきたナノ発電所セット(「アルミパネル+タイニーバッテリー」・「サンパッドパネル+タイニーバッテリー」)に充電された電気を一般家電のコンセントで使用できるインバーターをセットにした商品です。

 

ご購入はショップページからどうぞ!

 


里山エネルギーニュース

今月訪問予定のマダガスカル 全国紙にバイオガス事業がとりあげられました。

エコロジーオンラインは、3月15日から10日間、「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギープロジェクト」の3回目となる現地訪問を実施します。

 

今回は里山エネルギースクールでの自然エネルギーワークショップの実施と、子どもたちとの植林を実施します。

 

その訪問に先立ち、3月1日、一足先にマダガスカル入りしたスタッフが現地スタッフとともに、赤十字国際委員会を訪問。バイオガスの普及に向けた意見交換を行いました

続きを読む

マダガスカルに「里山エネルギー」の火が灯りました。

エコロジーオンライングループがSATOYAMA ENERGY PROJECTでマダガスカルに設置したバイオガスプラントにメタン発酵に十分な量の牛の糞尿が溜まり、写真のようにコンロに火が灯りました。

 

マダガスカルでの里山エネルギー普及事業については、現地の赤十字国際委員会も興味を示し、在マダガスカル日本大使館との連携のもと、各地にモデルプラントを設置する方向で動き始めています。

 

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを実施しました。

続きを読む

1/5発売の「季刊地域」にナノ発電所が紹介されます。

1月5日に発売される季刊地域「小さなエネルギーで地域強靭化」でナノ発電所が紹介されます。

 

地域で手がける小さな自然エネルギーの取り組みを紹介する本号。「いざというとき便利 持ち運び自在の小さなエネルギー」という2ページの企画に登場します。

 

ページを一緒に飾るのは、エコロジーオンラインが事務局を務める「里山ウェルネス研究会」で支援をするグファイヤー。長野県飯山市のフォレストデザインが手がける木ろうそくです。

 

日本のみならずマダガスカルにも広がりつつある里山エネルギーコンセプト。「小さなエネルギーで地域強靭化」をテーマとする本号は里山エネルギーの哲学ともぴったり符合するものです。

 

ご購入はお近くの書店でどうぞ!

 

 


里山GOODコラム

もしもの備え。ナノ発電所と関連商品

もしもの時の情報収集にスマホや携帯は不可欠です。でも、充電が心配。

 

大きな地震や豪雨災害などはいつどこで発生するかわかりません。普段の暮らしから“いざ”という時を考えて準備をしておきたい。

 

防災・減災用に活用できる商品をまとめてご紹介させていただきます。 

 

続きを読む 0 コメント